05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
profile

埼玉県に住むイエローラブです
今日も元気いっぱい!

《らぶ》
・1999/09/03/♀
・千葉県千葉市
虹の橋の2年生。
ぽっちゃりで優しい天真爛漫な長女。

《さくら》
・2008/12/26/♀
・ニイガタナンセイ
貧弱で気弱な次女。
オツムはすこぶる弱め。

《こむぎ》
・2010/7/15/♀
・ドッグハウスオカダ
チビのくせに気が強い。
さくら命。子分随時募集中。

《あずき》
・2012/10/16/♀
・新潟県新潟市
唯一の黒ラブでハイパー
こむぎをアニキと慕う。

author's profile

Author:i.mana
動物が大好きで趣味は旅行と写真。
クリエイターやってます。
・ポートフォリオサイト⇒
 Mana Ishiguro's portfolio
・blog⇒note

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

旧ブログはコチラ

banner2.jpg
http://kimitozuttoitumademo.blog109.
fc2.com/

応援しています!

▼HappyLabs


▼Lab&Peace

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

shop&material

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目の命日

2012.06.30 00:17|・ペットロスのこと
2012063001.jpg

ご飯粒を鼻の頭に付けて、物欲しそうにテーブルを見つめるらぶ。

食いしん坊だなーなんて笑っていたけれど
そんな当たり前の日常が、突然壊れてしまうだなんて想像もしていませんでした。

健康チェックはこうしようとか、介護はああしようとか
そういうことばかり考えて「未来」を見ていたけれど
全部突然奪われてしまった2年前。

2年前の今日を思い出すことだけは、やっぱり嫌なもんです。

だけど、らぶのことをゆっくり思い出して、ゆっくりブログに書いて
色んな方に寄り添ってもらって…思っていたよりも寂しくありません。

らぶが好き。大好き。
そういう気持ちがあの日から一切変わらないことを確認出来た気もします。
きっとこれからもそう。

去年の命日は、メモリアルジュエリーを作るために一人京都に向かって
ホテルの部屋で人目も気にせずに大泣きしました。
あんなに声を上げて泣いたのは何年ぶりだろうと思うくらいに。

今年は、らぶと昔暮らしていた場所に行く予定です。

本当は、らぶと出逢ってから悲しいことなんかよりも楽しいことの方が何百倍も多くて
だかららぶを思い出す時に悲しさばかりが浮き立つのはやっぱり何か違くて。

悲しいけど、寂しいけど、本当はもっともっと笑顔になれる思い出で溢れていたはずなんです。
だから、らぶと過ごした楽しい思い出に、もう一度ちゃんと触れて来ようと思います。

楽しんで行って来ます、らぶちゃん。

line5.gif

  2012063003.jpg

     ふと、天国ってどんな場所なんだろうと思いました。
     そして、虹の橋のたもとってどんな景色なんだろう。

     キレイな場所だといいな。
     ま、この写真は現実世界の茨城ですけどねw

line5.gif

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「先生」

2012.06.29 23:52|・ペットロスのこと
2012063002.jpg

らぶは、私に色々なことを教えてくれました。
言葉では上手く言えないけれど、とにかく、本当に沢山のことを。

中でも、らぶと出逢わなければ学ばなかったなというのが命の大切さ。
こう書くと大げさに聞こえますがw

らぶと暮らすようになってから
もう本当にらぶが可愛くて可愛くて仕方なくて色々な情報をかき集めました。

そんな中、知ることになったのが動物福祉の問題です。
元々、捨て犬などの問題には関心こそあったものの
あまり深くは知らなかったし、多分ちゃんと知ろうともしていませんでした。

・犬や猫(最近は捨てうさぎなんてのもいるらしい)の遺棄
・殺処分
・ファーや毛皮
・医薬品や化粧品における動物実験
・水族館や動物園
・動物番組や報道
・闘牛や闘犬など
・食肉
・環境破壊と野生動物
・動物害獣とされる野生動物

などなど…

あがればキリがないほどの沢山の問題を知ることとなりました。

大学時代は、過激な愛護団体のHPから
「殺処分に反対するなら蚊も殺さないで下さい」みたいな
こちらもまた極端な意見まで、とにかく色々調べまくりました。

そういった情報を集める度に思いました。

動物の問題は命の問題であり、答えを出すことは困難だと。

単純に「犠牲になる動物可哀想」という思考はさておき
文化や伝統、生活など難しい問題を孕んでいることが多く
簡単に答えを出せるものでも、答えがあるわけでもないと感じました。

もちろん、現在の自分の中でも答えは出ていないし多分一生出ないと思います。
何が悪いとか、何が良いとかそんな単純なことじゃない気がするので。

だけど例えば
スーパーで売られている豚肉に命があったことを忘れないとか
化粧品を買う時に、そのメーカーのことを調べてみるとか
そういうことを考えられる人になりたいと思いました。

長々と書いてしまいました。
多分3ヶ月くらいこの記事で埋めることも出来ますがやめときますw

最後に、、難しい問題ながらもなくせると思うのは殺処分です。
犬や猫は勝手に繁殖して勝手に保健所に行くわけじゃないですから。

さてさて。
そういうことを考えるきっかけをくれたのはらぶです。
全部全部、らぶが教えてくれたことでした。

何も言わない小さな先生。
それが私にとってのらぶでした。

知ろうとしなければ知らないままになっていたことが沢山あります。
だから、らぶにはとても感謝しています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

犬のココロ

2012.06.29 13:00|・雑記
いくつか、詩などを紹介しました。
どれも有名なものなのですが、改めて見ると泣けて来ます。

動物は、人間の勝手で解釈出来るほど簡単な生き物ではなく
その感情や心を知るのは困難です。

だけど、誌や諺に共感するのは
もしかしたら犬たちが
本当にそう思ってくれているからかもしれないなと思います。

「犬の遺言」は初めて見ました。
もしかしたら愛護団体の方などが作成したものかなーとも思いますが。

大切な子を見送って、悲しい思いを沢山したはずなのに
本当は、一秒でもいいから長くいたいと願ったはずなのに…
恵まれない子に手を差し伸べることが出来た人の強さと優しさは
どれだけ大きなものだったのだろうと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

虹の橋と雨降り地区

2012.06.29 13:00|未分類
2012062905.jpg

「虹の橋の雨降り地区」

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。

動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。

信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから…。

(作者不明)
引用元:http://tao.ifdef.jp/rainbowbridge.html

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

Rainbow Bridge|虹の橋

2012.06.29 13:00|未分類
2012062902.jpg

「虹の橋」

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく快適に過ごしているのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。

(作者不明)
和訳:YORISUN

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

A dog's last will|犬の遺言

2012.06.29 13:00|未分類
2012062901.jpg

「犬の遺言」

人間は死ぬとき
遺言を書いて、
愛する人に全てを残すという

ボクにもそういう事ができるなら
こう書くよ

可哀想なひとりぼっちの野良犬に
ボクの幸せなお家を譲ります

ボクのフードボールや豪華なボクのベットも
柔らかい枕もオモチャも
大好きな(飼い主の)膝の上も
ボクを優しく撫でてくれるその手も
優しい声も
今までボクが占領していたあの人(飼い主)の心も
あの人(飼い主)の愛も・・・
ボクに穏やかな最後を過ごさせてくれたその場所を
ボクをギュッと抱きしめてくれたそのぬくもりも

ボクが死んだら「こんなに悲しい気持ちになりたくないから、もう2度とペットとは暮らさない。」って言わないで
その代わりに、寂しくて、誰も愛してくれる人がいない犬を選んで
ボクの場所をその子にあげてちょうだい

それがボクの遺産だよ
ボクが残す愛・・・それがボク与えられる全てだから。

(作者不明)
(c) 2008 Laska
Translation by Big Tree for Animals

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

The Ten Commandments of Dog Ownership|犬の十戒

2012.06.29 13:00|未分類
sora.jpg

「犬の十戒」

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。
私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。

私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。

私を信頼して下さい。それだけで私は幸せです。

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも私にはあなただけしかいないのです。

時には私に話しかけて下さい。
例えあなたの言葉そのものはわからなくても、私に話しかけているあなたの声で理解しています。

あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。
私はそのことを決して忘れません。

私を叩く前に思い出して下さい。
私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど
私はあなたを噛まないようにしているということを。

私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に
私がそうなる原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?などと。

私が年をとってもどうか世話をして下さい。
あなたも同じように年をとるのです。

最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。
「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言わないでほしいのです。
あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。

そしてどうか忘れないで下さい。
私があなたを愛していることを。

(作者不明)
引用:はてなダイアリー

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

Keep a dog, if a child is born|子どもが生まれたら犬を飼いなさい

2012.06.29 13:00|未分類
2012062904.jpg


「子どもが生まれたら犬を飼いなさい」

子供が生まれたら犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が青年になった時、

自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。

(イギリスの諺)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

大好きな笑顔

2012.06.28 22:00|・ペットロスのこと
2012062801.jpg


らぶは、こんな感じで我が家に来た子だったので
私も随分と気合が入っていました。

ちゃんとしつけなければいけないとか、厳しくしないといけないとか
そんな風に構えていたと思います。

その頃は私もまだ幼くて
今のように「褒める躾」を推奨している書籍も少なくて…
今思えば随分とらぶを叱ってしまったなと。

トレーニングの先生に来て貰ったこともあったし
私自身も随分と身構えてらぶの躾をしていたので
らぶは確かにとっても良い子でした。

トイレは完璧に、フリーでお留守番も可能、散歩のツケやソファーに乗らないなどなど…
とにかく色々なことを教えていました。
晩年はもうソファーも乗っていたし一緒に寝ていましたけどw

楽しんで学んでいたことも勿論あったし
躾が出来ていたので一緒に行動するのはとても楽でした。

だけど私は今でも
子犬の頃、トイレを失敗したらぶを叱り付けたことが忘れられません。

排泄物に鼻を近づけ、口を押さえてノーと言う。
本に書いてあった通りのことでした。
だけど、それをやった後に物凄く後悔したことを覚えています。

まだパピーだったらぶに
そんなことをしてしまった自分を思い出すと、今も後悔が募ります。

「やらなければ」という気持ちが優先して、らぶのことを見失っていました。
私は、らぶのためではなく、私のためにらぶを叱り付けたのです。

恥ずかしながらそういうこと、きっと沢山あったと思います。

もっとらぶのことを考えてあげれば良かった。
もっとらぶに優しくすれば良かった。
そう思うと胸が苦しくなります。
らぶは幸せではなかったんじゃないかと思うことすらあります。

戻れるならあの頃に戻って、もっともっと優しくしたいと思っています。

出逢ってくれただけで、そこに居てくれただけで、本当はそれだけで良かったのに。
それだけで、最高にいい子なのに。

だから、らぶが残してくれた素敵な笑顔の写真を見るととっても救われます。
私が思うのと同じように、らぶも幸せを感じてくれたような気がして。

可愛い笑顔を向けてくれることが、どれだけ幸せなことなのか
今更になってその大切さを改めて感じています。

自分勝手でごめんね。
沢山怒ってごめんね。

でも私は、何年経っても色褪せない君の笑顔にいつも救わています。
可愛い笑顔を沢山沢山、残してくれてありがとう。

何度でも、らぶにありがとうを伝えたいです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

特別な犬

2012.06.28 12:00|・らぶ
今日はらぶが来た時の話を少し。

私が子どもの頃、我が家は転勤族で犬が飼いたくても飼えない環境でした。

動物が大好きだった私は犬がダメならと
リスやハムスターなどの小動物、そして時にはトカゲやカブトムシなどを飼っていました。
母がよく悲鳴を上げてたなw一番嫌がられたのは土蜘蛛だったかなw

そうやって何年も我慢した末、家を建てると決まってやっと父から許しが出たのです。
私が小学生最後の年の頃でした。

当時、一軒家に住んでいたのですが
一応社宅だったので犬はあまり飼わない方針でした。
だから、引っ越したら犬を飼おうと約束をして貰いました。

1年後には犬が来る。
そう思うと嬉しくて嬉しくて、毎日犬の飼い方を調べていました。

早速、憧れだったラブラドールをプレゼン。
しかし、父からの返事は「デカイしあんまり可愛くないからダメ」(謎w

私は必死で、新聞紙持ってくるくらい賢い、呼べば必ず戻って来るなど
本で調べた情報を父に吹き込みました。

そんなある日、父が買い物帰りに突然
「ラブラドール飼ってもいいよ」と言って来たのです。
この日ペットショップを覗いた父(実はとっても犬好き)は
ラブラドールの子犬を見つけて、この子ならと思ったそうです。
真っ白で、とても可愛い子だったそう。

翌日、早速ペットショップにその子を見に行きました。
しかし、その子は昨日売れてしまったと言われました。

もちろん、まだ飼う気はなかったので見たかっただけなのですが
店員さんが「まだデビュー前の子がいます」と言って子犬を連れて来てくれました。

それがらぶです。

抱えられて出てきた愛らしい姿に家族全員釘付けに。

帰りには、ケージとトイレ
そしてダンボールに入った子犬が車に乗せられていました。

家は…1年くらい何とかなるだろうということで。
余談ですが出て行く時、結構なクリーニング費がかかったらしいw

父は、あれだけ欲しがって飼うからには責任をと
病院の診察券や区役所への登録などその全てを私の名前で行いました。

大げさですが、初めて自分に守るべきものが出来た瞬間だと感じました。
しつけも、散歩も、全部しっかり頑張ろうという気持ちが強く芽生えました。

だから、らぶは私にとって特別な犬。
愛情と責任を教えてくれた、特別な犬です。

らぶは結局、新聞を持ってくることは一度もありませんでした。
父は、らぶの最後に立ち会うことはありませんでした。

でも、あの時父が書いた自分の名前を私は今でもはっきりと覚えています。
らぶという名前の横に記された、重い、重い私の名前。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

雨の季節に思うこと

2012.06.26 17:00|・ペットロスのこと
2012062601.jpg
実は初じゃないかの犬以外の写真w

このところ仕事が忙しく、バタバタと毎日過ごし
来週あたりやっと落ち着けるかなとカレンダーを見ると6月も終わり。
ああ、もうこんな時期かーと思って日々を過ごしています。

6月30日。
らぶが旅立った日がもうすぐやってきます。

もう2年も経ってしまう!

本当は、6月に入る前も何だか沈んだ気持ちで
カレンダーを見る度に悲しくなったりしていたのだけど
いざ6月になると忙しく過ごしていたせいであまり考えずに済みました。

それでもやっぱり「その時」が近づくと平常心ではいられず
らぶの旅立ちから2年が経とうとしている今もまだ
後悔や悲しみは全く消えません。

もちろん、マイナスの感情ばかりではありません。
最近ではらぶの写真を眺められるようになったし
楽しい思い出話やイタズラ話に花を咲かせることも多いです。

だからきっと前を向いて歩けてはいるけれど
その足が時々…ピタリと止まってしまいます。

何が引き金になっているかは自分でも分からないのですが
突然涙が出てきたり、後悔が押し寄せて来たり。

そうすると気持ちが一気に2年前に戻ってしまって
どうにもこうにも前を向けなくなってしまうんです。

2年前と同じようにただらぶの名前を呼んで
だた泣くことしか出来ない自分は本当に弱虫だなって思います。

らぶを心配させたらいけない。
いつまでも泣いていたららぶが悲しむ。

そんなことは分かっていますが、やっぱり悲しいものは悲しいです。

さて。
このブログはらぶの四十九日から始めたのでもうすぐ2周年を迎えます。
いつも遊びに来て下さって有難うございます。
更新も少ないブログなのに結構なアクセスを頂き、嬉しい限りです。

暇つぶしついでに笑って頂けたら嬉しいなと
さくらとこむぎとの楽しい時間を綴っていますが
どうもこの時期だけはそういう気持ちになれません。

だから、少しの間だけ、らぶを偲んでブログを書きます。
気分を害する可能性のある方は、また後日遊びに来て下さったら嬉しいです。
7月になったら復活します!ごめんなさい。

何度も消して、何度も書き直してブログを書いてます。
それが自分の気持ちの整理になるのかは分かりませんが
今、この時思ったことを残して生きたいと思っています。

梅雨の女子会@woof/後編

2012.06.25 21:26|・旅行・おでかけ
とっくに更新が済んでいる皆様のブログがあります!
詳しくはコチラをどうぞご覧下さい〜(人任せw)
そらちゃんのブログ「gracias al cielo」
ふくちゃんのブログ「go Labはな&ふく」

ランでひと遊びした後は、暑いので早々とプールに移動です。
みんな気持ち良さそうに泳いでます!

ちょっと体調悪かったけど、泳いでたね!クロスちゃん
2012062404.jpg

黒ラブはどうも必死で泳いでいるように見えてしまいますwひなちゃん
2012062401.jpg

この後、このカモさんはこむぎの餌食に…ごめんね、ふくちゃん
2012062405.jpg

そらちゃんはタコさんがお気に入り。この子もかなり泳ぎ大好きです!
2012062426.jpg

ふと足元を見ると…
うわー、何だかやたら楽しそうな犬がいます。嫌な予感しかしません。
2012062406.jpg

こむぎは泳ぐの大好き。
みんなが休憩に入った後も…ずっと泳いでました。
2012062407.jpg

一方のさくらは、プールはあんまり好きじゃなさそう。
オモチャを取るために仕方なく泳いでいるみたいです。
2012062403.jpg
ギャー!沈んでる沈んでるw

しかし、さくらの受難は続きます。
まずはそら父さんに捕獲されるさくら
2012062411.jpg
あっさり断られましたw

こむぎにオモチャを奪われるさくら
2012062424.jpg

2012062402.jpg
どこのマリーアントワネットですか

あんまりにもオモチャを奪われるので…
何とか水に入らずにオモチャをゲットしようと必死です。
弱い頭を駆使して色々と方法を考えたようですが、どうも取れないみたいです。
2012062413.jpg
キャー!キモイよ、そのポーズw

願掛け&媚売り作戦は失敗に終わり
2012062414.jpg

おねだり作戦も失敗に終わり…
2012062415.jpg

最後は脅しにかかります。
2012062416.jpg

おっと!脅しが効いたみたいですね
2012062417.jpg

もちろん、この後こむぎに取られます。

沢山遊んだ後はランチタイムです!
山中湖ハムのサンドイッチです。
この後、具が全部出てしまいボロボロになりましたw
2012062410.jpg

そして記念撮影。
そらままさんが一生懸命うんちょす袋で視線を誘います。
2012062408.jpg

その後、クロスちゃんとひなちゃんを見送って残りは再びプールへ!
2012062425.jpg
あんなに泳いだのにまだ泳ぐこむおどん…

たーっぷり泳いだ後はシャンプー&ドライヤータイムです。
2012062419.jpg

何だか犬たちが冷たいので、ふくちゃんとそらちゃんを覗きに行きました。
2012062420.jpg
気持ち良さそうなそらちゃん

2012062418.jpg
ふくちゃーん、かわいすぎ!

シャンプー後は天日干しを兼ねてデッキでのんびりしました。
2012062422.jpg
やっぱり母ちゃんが気になるふくちゃん

2012062423.jpg
完全にお疲れモードのそらちゃん

2012062421.jpg
あれっ!?さくらちゃん何だか不満そうw

IMG_1675.jpg
まだまだ遊べそうなこむぎ

みんなお疲れ様でした〜。
今回も一緒に遊んで下さって有難うございました!
2012062409.jpg

line5.gif
     *おまけ*
     山中湖ハムというのを買って帰って早速食べました。美味しかったです。

     そしてもう一つ、今回皆様に頂いたこむぎへの有難いお言葉。
     「ブログの写真よりデブじゃない」。
     褒め言葉ですよね?そう受け取ってOKですよね?♪
line5.gif

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

梅雨の女子会@woof/前編

2012.06.22 00:00|・旅行・おでかけ
実は、晴れたwoofに行ったことがない私たち。
もしやの雨女(男?)疑惑が浮かび上がる中、またまたwoofに行って来ました!

一緒に遊んでくれたのは
もうすぐお誕生日!の主役、十字架ちゃん
2012062105.jpg
虫歯の子どもの誕生日歌ってますね。ちなみに明日でも僕でもないよーw

幸手でもワイルドな女子会を楽しんだひなちゃん
2012062112.jpg
運転手じゃなければイーンダヨ!グリーンダヨ!(←違

最近女っぷりが上がったと評判のふくちゃん
2012062111.jpg
でもやっぱりヤキモチ焼きは変わらずw

そして…
この方のお陰で見事な快晴となりました!晴れ女のそらちゃん
2012062104.jpg

この日の天気予報は雨。
向かっている途中も雨が降っていました。

しかし、外のランに出た瞬間…
雨が上がって富士山まで顔を出しました。

わーい♪

「名前からして違う」(byふく父ちゃん)
まさにその通りですw

早速放牧です。みんな思いっきり走ります。
2012062113.jpg

2012062103.jpg

さくらもいつもよりかなり楽しそうです。
20120962110.jpg
今日も頭の中は快晴です!

十字架ちゃんは…何してるのかな?見張り?w
2012062114.jpg

そんな中…私は見てしまいました。
なんと…なんとそら父さんが!!
2012062109.jpg
ギャー!何を!!w

そら父さんの願い叶って(?)泥おどんの誕生です。
しかもこむぎめこんなにベッタリと座りやがって…

と思っているとそらちゃんまでw
2012062108.jpg
満面の笑みです

雨上がりのドッグランは危険がいっぱいです。

そこにやって来たのは4ヶ月のパピーちゃん。
さっきまではしゃいでいた皆さん、突然先輩風吹かせます。
2012062106.jpg
ふくちゃん!残念ながら触ったのは母ちゃんの方だよ♪笑

そして皆が去った後、こっそりパピーちゃんに耳打ちされたさくら
2012062101.jpg

お姉ちゃんらしいことをしてくれるのかと思いきや
大人気ない交渉に走ります。さすがさくらちゃん。
2012062102.jpg

その後は、泥を流してプールに移動です!
続きはまた次回~!

line-himoribonbrown.gif
今回も写真UPしました。宜しければどうぞ☆
photo

line-himoribonbrown.gif

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

可愛い妹がやって来た

2012.06.20 00:28|・さくらとこむぎ
実は…今日さくらとこむぎに妹が出来ました。
とっても可愛いイエローラブの女の子です。

…じゃーん!

2012061705.jpg
キャー可愛い!

実は先週、今日のそら模様のyukalienさんがプレゼント企画をしてらっしゃいました。
以前、らぶの羊毛作品を頂いているので図々しいと思いながらも我慢出来ずに応募。
(その時の作品はコチラ
なんと当たってしまいました〜!引き当ててくれたそら君有難う☆

そんな経緯で我が家にやって来た羊毛のイエローラブちゃん。
どこから見ても本物そっくりでとっても可愛いんです。
2012061707.jpg

2012061706.jpg

更には、こんなところまで!
器用過ぎて驚きです。私が作ったとしたら間違いなく肉球全部繋がりますw
2012061708.jpg

そんな可愛い可愛い妹と、姉(兄?)たちで記念撮影したいなーと思ったのですが…
並べて「こんなにそっくり!」みたいのがやりたかったのですが…
2012061702.jpg

2012061703.jpg
まだロックブームみたいです

凄まじい危険を感じたので断念。
うちで一番安全な場所(ここだけは触ると本気で怒られるw)に飾る事にしました。
らぶちゃんの祭壇?です。
2012061701.jpg

yukalienさん、有難うございました!大事に大事にします!

       imgd6e02bb3zik6zj.gif
           次回は、woofで開催された女子会のお話を書きます〜
           何と今回は、初めての晴れたwoof!笑
       imgd6e02bb3zik6zj.gif


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

不思議なパンダさん

2012.06.13 22:03|・さくらとこむぎ
さくらもこむぎも、オモチャは壊すものだと思ってます。
何個買ってもすぐに壊されてしまうオモチャたち…。
でも、一つだけずーっと壊れないオモチャがあります。

コレです。パンダのボール。汚っ!!
2012061302.jpg

洗ってもう一度…ってそれでも汚いですけど。
2012061301.jpg

これをこむぎはとーっても気に入っていて
トイレに行くときもわざわざ咥えて行ったり、庭に忘れて来ると取りに戻ったり…
こむぎにしては珍しく、愛情注いでます。

2012061303.jpg

2012061306.jpg

さくらも、こういう柔らかいオモチャは噛み壊す主義なのですが
何故かこれには手をつけません。

何が不思議って、これらぶのオモチャなんです。

基本的に、らぶのオモチャはさくらとこむぎにお下がりしてません。
壊されるのが嫌なのでw

でも、このパンダだけは何故かさくらとこむぎのものになりました。
多分私が片付け忘れたのかな?(意外と何でもない理由w)

だからこんなに汚れても、私も捨てられないんです。

さくらとこむぎも、らぶがくれたオモチャだって分かってるの?
お利口さんだね〜。
2012061305.jpg

2012061304.jpg

…そうですよね。オチがあるってことくらい分かってますよ。

だけど、らぶに繋がる不思議な出来事には
どうも普通では考えられないような力が働いているんじゃないかなーと
思っていつも心が温かくなります。らぶー、ちゃんと見てるー?

2012061307.jpg

何だか色々悲しいですが、不思議なパンダさんのお話でした。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

パンクロックな反省会

2012.06.08 01:12|・こむぎ
この記事…書こうかどうか迷ったのですが…
先に謝らせて下さい。
モネちゃんのご両親、モネちゃん…本当に申し訳ございませんでした。
心よりお詫び申し上げます。本当に…本当にごめんなさい。

新潟でモネちゃんのTシャツを頂いたこむおどん。
サイズもピッタリで、ボーダー柄が可愛くて気に入ってました。
2012060705.jpg
コナ君を手下にした時のやつです

ところが…ちょっと目を離した隙に…
2012060701.jpg
どうしたの~?さくらちゃん

・・・ギャーーーー!!!

2012060703.jpg

破っているではありませんか…
今までさすがに洋服は大丈夫だったので油断していました。

何か…もう…ショック過ぎて言葉が出ません……。

こむおどん、もういい加減イタズラやめようよ?
2012060702.jpg
またそれかい!

すっかりパンクロックな雰囲気になってしまったTシャツ。
果たして修復できるのでしょうか…
ショック。。そしてごめんなさい。

そんなこむおどんは、また裸族になりました。
2012060704.jpg
何でちょっとドヤ顔…

めでたし、めでたし…じゃなさ過ぎます。
私は裁縫が苦手です。とーっても苦手です。
どうしてくれるんですか、こむおどん。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

手作りごはん週間

2012.06.06 18:08|・さくらとこむぎ
思い起こせばGWも体調不良で寝てばかり、このところ土日も仕事。
全然遊びに連れて行ってあげていないし、可哀想なことしちゃっているなと。
疲れてても頑張れるのは、さくらとこむぎがいてくれるからなのに。

という訳で、せめてものお詫びに手作りごはんに挑戦しています。

牛ステーキ
2012060603.jpg

鯛茶漬け風おかゆ
2012060604.jpg

チキンソテー
2012060605.jpg

サツマイモとササミの茹でもの
2012060606.jpg

ついでに私のごはん。命名、安物アサリ酒蒸しただけ。ショボ!調理時間6分足らず。
どこに手をかけているかは、一目瞭然です。
2012060608.jpg

でも、ごはんを作っている間ずーっと足元で待ってる2匹。
何かが落ちてくるのを待っているだけという説が非常に濃厚ですが…
これが実は大好きだったりします。可愛いんだもん。
20120606607.jpg
基本スパルタですけど

我が家は基本、ドッグフード派。
でも、手作りごはんっていいなーとずっと憧れています。
いつか出来たらいいなー。でもカロリー計算とか栄養素の計算とか…毎日なんて絶対無理w

でもたまにはこうやって手作りを楽しみたいと思います。
2012060602.jpg

2012060601.jpg

あれ?バレてる…!?

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

眠れる獅子?

2012.06.03 23:00|・さくら
最初見た時から細いと思ってましたが、とっても貧弱なさくら。
2012053101.jpg
ちなみに脳みそも貧弱のようです

あまり太らせてはいけないと言われたし、どうやらあまり太れないタイプみたいなので
無理に太らせようとは思いませんが、妹(弟?)がデブなせいで余計貧弱に見えます。
2012053104.jpg
1歳にしてこの貫禄。どこのオッサンですか

しかも…猫背なのですごく自信なさそうに見えます。
2012053103.jpg

そんなさくらちゃんに・・・

なんと・・・

お兄ちゃんが見つかりました〜!!
わーパチパチ。

正確には、ずっとブログで見ていた
『遊と風と空我』の空我君がさくらの異父兄弟だと分かりました。
同じお母さんが産んだ、さくらの前胎の子だそうです。

ちょっとお写真拝借させて頂きます。お写真有難うございます。
立派な黒ラブ、空我君です。

2012053102.jpg

そして…お父さんのエアロと、お母さんの同胎アデラ。
こちらも頂き物の写真です。有難うございます。
2012053105.jpg

ちなみに、空我君の弟、来地君。
こちらもナンセイさんの子です。ちょっと991君に似てるかな?ホワホワの毛が可愛いです。
2012053110.jpg

で、こちらがご存知、我が家の癒し系アイドルさくらちゃん。
2012053108.jpg
新潟旅行の写真です

体は細いし、こむぎにやられっぱなしだし…
血筋を全く感じないこの弱さ。

もしかしたら眠れる獅子かも、という噂もあります。
確かに、走っている姿は結構野生的…?
2012053107.jpg

こんなさくらちゃんにも、いつかこむぎを従える日が来るのでしょうか。

       line-himoribonbrown.gif
        それにしても、嬉しいです。
        さくらは犬舎から直接譲渡して貰ったわけではないし
        我が家に来てからは生まれてからの時間も経っていたし
        兄弟や血縁関係のある子が見つかる可能性は
        低いかなと思っていました。

        でもこうして意外と身近にお兄ちゃんが居ると分かり嬉しくて。
        空我君がナンセイだということはもちろん知っていたけれど
        その立派な体格からまさか血の繋がりがあるとは
        想像していませんでしたw

        血統などを調べて下さったコナママさん
        そして写真を下さったり、色々な情報を下さったku-g@さん
        本当に有難うございました。
        いつか、一緒に遊べたら嬉しいです。

       line-himoribonbrown.gif

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

サファリ風姉妹ゲンカ

2012.06.01 12:30|・さくらとこむぎ
※猛獣の姿が掲載されています。心臓の弱い方の閲覧にはご注意下さい。

普段、ストレスが溜まっているだろうに、穏やかなことが多いさくら。
2012060102.jpg
わ〜天気をマイブームにしちゃうとか癒し系〜

一方のこむぎは毎日やりたい放題。
2012060108.jpg
芝生がダメになったのでと折角敷いたウッドチップもこの有様…

さくらにケンカを仕掛けます。ものすごく乱暴に。
それでもさくらは、いつも我慢しているのですが…
2012060104.jpg

そんなさくらも、時々ブチ切れます。
キッカケは、ほんの些細な一言。
2012060101.jpg

一度キレたら最後。サファリパークのような猛獣姉妹ゲンカが始まります。
2012060103.jpg

ケンカはどんどん激しさを増し…ムキッパ最大に。
恐ろしい顔です。この子たち、一応女の子なんですけど。
2012060107.jpg

2012060105.jpg

2012060106.jpg

あれ…?何だろう…目から汗が…。
こんな悪口を言い合う姉妹ゲンカは、ぜひともやめて頂きたいものです。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。