04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
profile

埼玉県に住むイエローラブです
今日も元気いっぱい!

《らぶ》
・1999/09/03/♀
・千葉県千葉市
虹の橋の2年生。
ぽっちゃりで優しい天真爛漫な長女。

《さくら》
・2008/12/26/♀
・ニイガタナンセイ
貧弱で気弱な次女。
オツムはすこぶる弱め。

《こむぎ》
・2010/7/15/♀
・ドッグハウスオカダ
チビのくせに気が強い。
さくら命。子分随時募集中。

《あずき》
・2012/10/16/♀
・新潟県新潟市
唯一の黒ラブでハイパー
こむぎをアニキと慕う。

author's profile

i.mana

Author:i.mana
動物が大好きで趣味は旅行と写真。
クリエイターやってます。
・ポートフォリオサイト⇒
 Mana Ishiguro's portfolio
・blog⇒note

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

旧ブログはコチラ

banner2.jpg
http://kimitozuttoitumademo.blog109.
fc2.com/

応援しています!

▼HappyLabs


▼Lab&Peace

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

shop&material

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きな笑顔

2012.06.28 22:00|・ペットロスのこと
2012062801.jpg


らぶは、こんな感じで我が家に来た子だったので
私も随分と気合が入っていました。

ちゃんとしつけなければいけないとか、厳しくしないといけないとか
そんな風に構えていたと思います。

その頃は私もまだ幼くて
今のように「褒める躾」を推奨している書籍も少なくて…
今思えば随分とらぶを叱ってしまったなと。

トレーニングの先生に来て貰ったこともあったし
私自身も随分と身構えてらぶの躾をしていたので
らぶは確かにとっても良い子でした。

トイレは完璧に、フリーでお留守番も可能、散歩のツケやソファーに乗らないなどなど…
とにかく色々なことを教えていました。
晩年はもうソファーも乗っていたし一緒に寝ていましたけどw

楽しんで学んでいたことも勿論あったし
躾が出来ていたので一緒に行動するのはとても楽でした。

だけど私は今でも
子犬の頃、トイレを失敗したらぶを叱り付けたことが忘れられません。

排泄物に鼻を近づけ、口を押さえてノーと言う。
本に書いてあった通りのことでした。
だけど、それをやった後に物凄く後悔したことを覚えています。

まだパピーだったらぶに
そんなことをしてしまった自分を思い出すと、今も後悔が募ります。

「やらなければ」という気持ちが優先して、らぶのことを見失っていました。
私は、らぶのためではなく、私のためにらぶを叱り付けたのです。

恥ずかしながらそういうこと、きっと沢山あったと思います。

もっとらぶのことを考えてあげれば良かった。
もっとらぶに優しくすれば良かった。
そう思うと胸が苦しくなります。
らぶは幸せではなかったんじゃないかと思うことすらあります。

戻れるならあの頃に戻って、もっともっと優しくしたいと思っています。

出逢ってくれただけで、そこに居てくれただけで、本当はそれだけで良かったのに。
それだけで、最高にいい子なのに。

だから、らぶが残してくれた素敵な笑顔の写真を見るととっても救われます。
私が思うのと同じように、らぶも幸せを感じてくれたような気がして。

可愛い笑顔を向けてくれることが、どれだけ幸せなことなのか
今更になってその大切さを改めて感じています。

自分勝手でごめんね。
沢山怒ってごめんね。

でも私は、何年経っても色褪せない君の笑顔にいつも救わています。
可愛い笑顔を沢山沢山、残してくれてありがとう。

何度でも、らぶにありがとうを伝えたいです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

コメント

こんばんは。

先日は、コメント頂きましてありがとうございました。
あれから、お引っ越し前のブログも拝見して、
らぶちゃん、さくらちゃん、こむぎちゃんがどんなお嬢様たちなのか、
楽しく読ませていただきました。
その後、小心者な私は、コメントのタイミングを計っていたのですが(汗)。

今日のお話、すごく分かります。
私の犬はまだ元気なのですが、
やっぱり初めて「自分の犬」として飼いまして、
かなり溺愛もしたのですが(笑)、しつけに熱くなっていたなぁと。
そして、しつけはともかく、
疲れてるときとか、ちょっと適当にあしらってしまったりして、
ずっと気になってしまったりとか…。

犬は無心で慕ってくれるだけに、
自分のダメ具合に打ちひしがれてしまいます(笑)。

No title

らぶちゃんの話、ありがとうございます。

私がmanaさんのブログを知ったきっかけの一つが
らぶちゃんの笑顔です。
写真で拝見するだけですが・・・私もらぶちゃんの笑顔が
とっても大好きです。
こんなにも幸せそうな笑顔、その笑顔にどれだけ救われたか。
できることなら、会ってみたかったな、らぶちゃん。

そして、manaさん。
後悔の気持ちと感謝の気持ち、とっても分かります。
私ではうまく言葉にできない気持ちを、いつも
表現して下さってるようで(すみません、勝手に思ってます)
心の整理をすることができます。

それなのに、何も力になれなくて、ごめんなさい。
でも、例えツライ話でも、後悔の気持ちでも
らぶちゃんの話を聞けるのは、嬉しいです。

うまく言葉にできなくて、すみません。。。

>ubujunさん

こんにちは!コメント有難うございます!
こちらこそ、すっかりコメントご無沙汰してしまい失礼しました。
リンクさせて頂いても宜しいでしょうか~?

そうなんですよね…同じような方がいて救われます。
躾もそうですし、自分の都合で随分寂しい思いもさせてしまったと思います。
もちろん全てを完璧にというのは難しいと思いますが
それでもまさに「無心で慕ってくれる子」に対して出来る限りのことはしたいなと思いました。
ubujunさんも、どうぞ、楽しく素敵な日々を大切にお過ごし下さいませ(^^)

>ありんこさん

こんにちは!コメントに、優しいお気持ちを有難うございます。
力になれないだなんてとんでもないです!!
ありんこさんのメッセージからはいつも大きな力と癒しを頂いてます!!
いつも本当に有難うございます。

是非ありんこさんにも会って頂きたかったですが
きっとあちらでみんなと仲良くやっていると思うので我慢しますね(^^)

消えない後悔や悲しみはいつまで続くのか分かりません。
でも、こうしてブログを書いたり、コメントを頂くことで少しずつ前に進んでいるという
実感があります。
どうぞこれからも宜しくお願いします!

No title

こんにちは。
今日の記事は懐かしいです。だって同じだわ~っていうことがたくさん!
そう、私も初の大型犬ということで、躾、躾、訓練士さんに来てもらったり。
おかげで、家の中では困ることはありませんでした。どっかの盗み食い黒犬とはちがって。
厳しすぎたと、自己嫌悪に悩むことも多々。
そういう時代でもありました。本もそうだし、カリスマ訓練士とやらもあれだめこれだめと。人間が上だと。
最近はそうではないらしい、ソファもOK。信頼関係があれば・・・のような。
家族だもの。
ラッキーには本当に悪いけど、メイプルはパピーのころから私達夫婦と一緒に寝ているし。ラッキーは亡くなる3年前くらいからだった(>_<)
その他、躾なんてまだまだ・・・(^^;)
ほったらかしにするつもりはなく、ただ、ゆっくり教えていこうと思っています。

そして、manaさんがこうして思い出してくれることがらぶちゃんにとってうれしいことだと思います。

>ラッキーのママさん

こんばんは!コメント有難うございます。
そして大切な思い出話も。

わ、まさに同じような感じですね!
以前からよく、ラッキーちゃんへの気持ちと被るところがあると伺ってましたが
なるほど、本当に色々なことが似ていたのだなと感じました。
(気を悪くされたらごめんなさい)

まさに私も「犬が下!!」と徹底的に教えるように言われました。
もちろん、その通りなのかもしれませんが、必要以上に厳しくすることもなかったなと。。

厳しくしたおかげで助かる部分も沢山ありましたが
でもやっぱり、後悔してしまうこともあり…。
ゆっくり教えていく、いいですね。私もそうしたいです。

最近では、らぶのことをゆっくりと思い出す機会も減ってしまいました。
目を背けている部分もあるのかもしれません。
でも振り返ればまだまだ鮮明に思い出せることが沢山あるのだなと感じています。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。