07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

埼玉県に住むイエローラブです
今日も元気いっぱい!

《らぶ》
・1999/09/03/♀
・千葉県千葉市
虹の橋の2年生。
ぽっちゃりで優しい天真爛漫な長女。

《さくら》
・2008/12/26/♀
・ニイガタナンセイ
貧弱で気弱な次女。
オツムはすこぶる弱め。

《こむぎ》
・2010/7/15/♀
・ドッグハウスオカダ
チビのくせに気が強い。
さくら命。子分随時募集中。

《あずき》
・2012/10/16/♀
・新潟県新潟市
唯一の黒ラブでハイパー
こむぎをアニキと慕う。

author's profile

i.mana

Author:i.mana
動物が大好きで趣味は旅行と写真。
クリエイターやってます。
・ポートフォリオサイト⇒
 Mana Ishiguro's portfolio
・blog⇒note

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

旧ブログはコチラ

banner2.jpg
http://kimitozuttoitumademo.blog109.
fc2.com/

応援しています!

▼HappyLabs


▼Lab&Peace

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

shop&material

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み@新潟|里帰り編

2012.08.22 12:00|・旅行・おでかけ
2012082201.jpg
南星さんの方に対面中のさくら

今回の新潟旅行では、さくらの生まれた犬舎
新潟南星さんにもお邪魔しました。

ずっと行きたかった犬舎。
行かれて嬉しいです。

写真や詳細はこのブログでは控えさせて頂きますが…
広い敷地でラブたちが元気に暮らしていました。

さくらと遠い親戚の子
さくらと同じ生まれ年の子
さくらに少し似ている子…

一歩一歩進む度に胸が熱くなりました。

さくらのおばあちゃんの写真も見せて頂きました。

さくらを産んでくれたお父さんとお母さんがいて
両親を産んでくれたお父さんとお母さんがいて…
スゴイなー。

私は子犬時代のさくらを知らないので
それを寂しく思うこともたまにあります。
せめて写真の1枚でもいいから見てみたいとか。

だけど、犬舎に行って思ったんです。

さくらは、ここで生まれて
ここでお母さんの愛情を受けて
そして旅立って行ったのだなーって。

そうしたら
子犬時代のさくらが目に浮かぶように見えてきて。
可愛かった、絶対絶対とびきり可愛かった!

さくらと出逢えたのは本当に偶然で(さくらとの出逢いは⇒コチラから)

あの時、声を掛けていなかったら
らぶに似ていると思わなかったら
さくらはこの家に来ることはありませんでした。

そう思うと、こんなに遠くから私たちの元へ
赤い糸を繋いでくれたのはもう本当に奇跡みたいなことで
そんなさくらと里帰り出来るなんて、なんて幸せなんだろうって。

こんなに素敵な機会を下さった南星犬舎の皆様に
ただただ感謝です。

ブリーダーさんに、さくらのことも見て頂きました。
案の定…細すぎると。そうですよね…;

でも「大事にされていて嬉しいです」と言って下さいました。
何だかそれが嬉しくて泣きそうになりました。
そんな風に言って頂けて、嬉しい。

さくらのこと
もっともっと大事にしたいなって改めて感じました。

さくら、初めての里帰り。
私にとっても大事な時間になりました。

南星犬舎の皆様、改めて有難うございます。

まだまだ続く新潟旅行記!
次回、「夏休み@新潟|季節宿国安編」です!
またまた昨年の宿をリピートです~

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

コメント

No title

i.manaさんの感激がさくらチャンの想いとして伝わってます。
きっと犬舎で可愛いがられた仔犬だったことでしょう。
母犬からの愛情や兄弟姉妹と元気に遊んでいたと思います。
縁あって迎えられたさくらチャン。

粗雑な兄ですが今後もよろしくお願いいたします。
( ´ ▽ ` )ノ

No title

今回の旅はとても収穫の多い旅だったようですね^^
たしかにそこにさくらちゃんがいて、愛されてた証があって・・・
じ~んとしちゃいますね。

うちのそらも、小さな頃はどんなだっただろう??
と思いをはせることがしばしば。

私たちが遡れたのは、彷徨っていた大阪の地まででした。
そらにも、お母さんのもとで幸せだった時間があるといいな・・・

さくらちゃん、素敵な縁を結べて良かったね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ku-g@さん

こんにちは!コメント有難うございます。
お返事がすっかり遅くなり申し訳ないです。

そう仰って頂けるととても嬉しいです。
おかげさまで、一緒に里帰りを果たすことが出来、大変嬉しく思っております。
グレン君にも会えて大満足です。
愛情を受けて育った子…南星さんで暮らした時間があったからこそ
今のさくらがいるのだなーと思うと感激です!

対面は大雨に見舞われてしまいましたが
是非これからも宜しくお願いします!
また色々と教えて下さい☆

>yukalienさん

こんにちは。コメント、そして大切なお話をして下さって有難うございます。
お返事が遅れてしまい申し訳ございません。

そら君のさまよっていたところまで、辿ったのですね。
そこはそら君にとって、悲しい場所ではなく温かい場所に変わったことと思います。

きっと、お母さんに愛されて、兄弟とコロコロと遊んで…
楽しくて幸せな時間が確かにあったと思います。
だけど、一番幸せなのはやっぱり今かな~(^^)?
優しい両親がいて、可愛い弟(わんわん!?笑)がいて…
これまであった辛いことなんて全部忘れているかもしれません。
いいお顔していますもんね。

それぞれに、辿る道があると思います。
そら君は、ちょっと寄り道をしてyukalienさんの元に来たんですね。
さくらも。
ご縁に感謝です♪

>鍵コメさん

こんにちは!コメント有難うございます!
そしていつも、アチラでも有難うございます♪
コメント嬉しいです~

そして何と!そんな繋がりがあるとは…!!
驚きました。
もしかしたら、どこかで血のつながりがあるかもしれませんね。
面白いです~

これからも是非宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>鍵コメさん

初めまして!コメント有難うございます。
嬉しいです〜
後ほどブログに伺いますね(^^)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。