03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
profile

埼玉県に住むイエローラブです
今日も元気いっぱい!

《らぶ》
・1999/09/03/♀
・千葉県千葉市
虹の橋の2年生。
ぽっちゃりで優しい天真爛漫な長女。

《さくら》
・2008/12/26/♀
・ニイガタナンセイ
貧弱で気弱な次女。
オツムはすこぶる弱め。

《こむぎ》
・2010/7/15/♀
・ドッグハウスオカダ
チビのくせに気が強い。
さくら命。子分随時募集中。

《あずき》
・2012/10/16/♀
・新潟県新潟市
唯一の黒ラブでハイパー
こむぎをアニキと慕う。

author's profile

i.mana

Author:i.mana
動物が大好きで趣味は旅行と写真。
クリエイターやってます。
・ポートフォリオサイト⇒
 Mana Ishiguro's portfolio
・blog⇒note

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

旧ブログはコチラ

banner2.jpg
http://kimitozuttoitumademo.blog109.
fc2.com/

応援しています!

▼HappyLabs


▼Lab&Peace

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

shop&material

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの生活

2013.01.21 13:00|・さくらとこむぎ
‘さくらとこむぎはどうなるの’と
ご心配頂いております(?)新生活のこと。

ちょっと長くなりますが
これからの生活のこと書きたいと思います。

まず、新居は私の実家の超!近くです。
徒歩5分!笑

大型犬多頭飼いOKの奇跡の物件(←大げさw)

でも、元々さくらとこむぎを完全に連れて出てしまうことは
考えていませんでした。

母や妹も可愛がっている2頭。
私だけの犬ではなく、家族の犬だと思うからです。

それに、実家の環境はさくらとこむぎにとっても
とても良いものだと感じています。
走り回れる庭もあるし。

その一方で、一番家に居るのは私だったので
今まで通りお世話出来なくなるととても困ってしまいます。

どうしようか色々と考えたのですが
さくらとこむぎにとって何が一番ストレスないか考えてみました。

さくらとこむぎの留守番時間が大幅に増えないこと。
今まで通りのお世話が出来ること。
環境の変化によるストレスをなるべく軽減すること。

まだ確立出来ていないけれど…

お留守番は今まで通り実家で。

日中や夜、私がフリーランスの仕事をする時は
実家の作業部屋で一緒に。これも今まで通りです。
(新居に作業部屋を移せるスペースと気力がないとも言う)

夜、仕事がない時は実家に迎えに行ってから新居で過ごす。
母が夜、用事の帰りに迎えにくることも。
ここが、今までと違うところです。

色々と臨機応変にしていくつもりですが
私の都合に合わせて貰っているところも多く…
ちょっとした二重生活のようになる予定。

2頭にかかるストレスが心配です。
ストレスをあまり感じずに馴染んでくれると良いのですが。

以前、ある人に相談した時
「環境の変化でストレスを感じることは多少あるけれど大丈夫!
 犬は飼い主からの愛情が変わらなければ住む場所なんて関係ないよ」と
後押しをして頂きました。それを励みにしています。

犬との新生活。
悩むことも多いですが、2頭が一緒に居てくれるから頑張れそうです。
これからもさくらとこむぎとの時間を大切にしていきたいです。

それにしても、大型犬OK(しかも多頭飼い)の物件が少ないこと!
県内を探してもほぼナシでした。

これについては、また別に書きたいと思います。

いつも遅れるプレゼント企画ですが今回も制作遅れてます。ごめんなさい!
またお知らせします。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

コメント

No title

実は、私も転々とかれこれそらと3回転居しています。
とってもデリケートだったようで(´ω`)
必ず転居ごとにお腹下したり何かと体調崩してしましました・・・
実家に初めて帰った時は、祖母の部屋の前で大量にう○ぴをしてしましました・・・それも下る方で^^;
その前に転居したときも、フードをリバースしてしまったり(しかも散歩中に^^;)しましたが、犬も慣れが必要だ!
と思っていたので、慣れてしまえばストレスフリーで意外と元気にしていたりします。
今は事情があり、散歩や外に連れ出せずストレスがたまる環境に居るわが子ですが、家族とも仲良くなり、食べることが生きがいになり、食べ物への執着は強くなりましたが、ルンルンとして生き生きしたそらが居ます。
顔もお仕事の顔からとってもやんちゃで小さい子のようになり、甘えん坊度が増しました~
これは、私の一例ではありますが・・・

さくらちゃんとこむぎちゃんにとってのストレスは、リーダーである飼い主さんと離れて過ごさなくてはならないことが一番の大きなストレスとなってしまうので、2頭のリーダーが誰であるかを明確にすればおのずと答えが出てくるかもしれませんよ♪
わんこにとってリーダーが居なくなることが一番のストレスであり、不安要素でありますからね☆

>雪菜さん

こんにちは!コメント有難うございます。

なるほど、雪菜さんも色々と大変な想いをされていたのですね。
慣れていけば大丈夫とのこと、少しずつ順応してくれたら良いなって思います。
私もまだ慣れていないのですけどね(^^;)

リーダーですか。。そうですよね。
我が家は絶対的なリーダーがいないような…
私のこともリーダーだとは思っていないと思います。
犬にとってリーダーがいないことはストレスになると
私も聞いたことがあります。
何とか考えないといけませんね…

No title

うちのユキは引越しの経験がないですが、ユキの先輩犬レオは3回の引越しを経験しました。
そのうち2回は別の州への引越しでした。
一回目はまだパピーの時で、車で8時間程度の距離への引越し。
引越し当日と次の日は、不安なのか私の姿が見えないとほえ続けていたので、ケージの前で添い寝をしました。
次の引越しは車で4日かけての引越しでした。
引越しの間、後部座席後ろの荷物エリアにレオのキャリヤーを積んで移動しました。時々、トイレや水を飲ませるために外に出しましたが、私達がもう行こうというそぶりを見せるたび、自分から慌ててキャリヤーに飛び乗ろうとするレオの姿を見て、ああ、この子は私達と一緒にいたいんだなあと強く感じました。
まとまりのない文章になってしまってすみません。何が言いたいのかというと、犬にとって一番幸せなのは、自分の愛する家族といることなんだろうということなんです。環境の変化で神経質になってしまうとか、体調を崩してしまうとかいうことが一時的にあるかもしれませんが、大好きな家族が一緒にいれば、新しい環境が自分の一番安心できる場所になってくると思います。manaさんと一緒にいて、そしてmanaさんが幸せな気持ちでいることが、さくらちゃんとこむぎちゃんにとっても一番の幸せなんじゃないかなと思います。
manaさんはいつもさくらちゃんとこむぎちゃんのことを考えてらっしゃいますし、その愛情を二匹とも十分感じているでしょう。私なんて自分達の都合でレオを遠くに連れてきちゃって、可愛そうなことをしたなあって思います。

新しい環境でのさくらちゃんとこむぎちゃんの可愛い姿、また見せてくださいね~!

>トシ子さん

こんにちは。こちらにもコメントを有難うございます。
経験からのお話、そしてトシ子さんの優しいお言葉に
何だかとても励まされました。

レオ君、引っ越しを経験されていたのですね。
4日間かけてのお引越しとはさぞかし大変だったかと思います。

レオ君の不安な想い、それにずっと一緒に居たいという想い
きっとトシ子さんに痛いくらいに伝わったのだと思います。
環境が変わっても、愛情が変わらないこと
ずっと一緒に居られること、それが一番なのかもしれませんね。
もちろんレオ君も、遠くに引っ越すことになっても
トシ子さんたちと一緒に居られることが一番の幸せだったのだと思います。

色々と本当に悩み、迷いました。
自分の都合に付き合わせてしまっていると思いましたし
結婚に関して一番心配したのは、さくらとこむぎのことでした。
もうそこばかり考えてしまってw
だからそんな風に仰って頂けると本当に嬉しいです。

これからは3頭で遊ぶ機会も多くなると思います。
色々とUPしていきますのでよろしくお願いします☆
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。